日経広告研究所
HOME > 連載企画
特 集
メディアNOW
広告キャンペーン
広告会社経営
連載企画
インタビュー
『Admap』から
広告ニューウェーブ
日本広告学会活動報告
活動報告
Information
調査研究報告
米国最新コミュニケーション情報
AD万華鏡
セミナー・シンポから
データ&データ
ニュース
ニュース追跡
アーカイブ

冊子版広研レポートのバックナンバーはこちら

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


 記事一覧
【イチからわかる カンヌライオンズ】 

ライオンは百獣の王、

  カンヌライオンズは、国際広告祭の王。

 カンヌライオンズ。名前を聞いたことはあるが、それ以上はよく分からない。語りたくても語れない。そんな皆さんに“そもそも”論からお伝えすることで、カンヌライオンズとの関わりをより深めていただき、より多くのヒントを得ていただこう。そんな意図で連載を始めることにした。連載が終わるころには、読者の皆さんそれぞれに、「カンヌライオンズとの正しい付き合い方」が身に付くことを願って! 今回はその第1回目である。
                        (多摩美術大学美術学部教授 佐藤 達郎)

New! [2020-02-03]

デジタルアド 次代の先駆者

YouTuberマネジメントのUUUM

個人クリエイターのインフラ目標
インスタグラマーなども取り込む

 小学生が憧れる職業になったYouTuber。動画共有サイト「YouTube」上で独自に制作した様々な動画を継続的に公開し、その動画の広告宣伝費を元にYouTubeから広告費を得る。UUUM(注)は2013年にYouTuberのマネジメント全般を手がける事業を開始、17年8月に東証マザーズに株式を上場した。売り上げと利益は急増しているが、テレビタレントやお笑い芸人などYouTuberへの参入も増え、支援する競合企業も増加している。成長に死角は無いのか。クリエイターのバディ(相棒)として活動を多角的にサポートするバディ・プランニングユニットを統括する市川義典取締役に聞いた。
                                      (研究員 岡崎昌史)

New! [2020-02-01]

デジタルアド 次代の先駆者

動画拡張技術を開発「パロニム」
検索不要で知りたい情報へ
触れる動画技術「TIG」開発

 動画内の対象に触るだけで詳細ページに移動する技術が注目を集めている。パロニムは触れる動画テクノロジー「TIG(ティグ)」を開発した会社だ。視聴中にユーザーは気になる商品など対象物を次々と選び、画面上に“ストック”しておくことができる。このため、最後まで動画を見るようになり、視聴完了率は非常に高い数値となる。小林道生代表取締役・CEOに、今後の企業ビジョンを聞いた。
                                     (主席研究員 土山誠一郎)

[2020-01-05]

デジタルアド 次代の先駆者

「インフォキュービック・ジャパン」
海外向けデジタル戦略を支援
多言語で、提案から実行まで

 インフォキュービック・ジャパンは多言語による海外向けデジタルマーケティング支援を軸に成長している。社員の半数は外国人で、日本人社員も海外経験者が多い。顧客がターゲットにする国・地域を対象に、効果的なデジタル広告やウェブサイトを提案し、運用までを担う。山岸ロハン社長に聞いた。
                             (ジャーナリスト/研究員 永家一孝)

[2019-12-01]

デジタルアド 次代の先駆者

マーケティング支援「パスチャー」
広告の質高めるサービス
SNS上のトレンドを読む

 パスチャーはSNS上のビッグデータを解析し、企業のマーケティングの最適化を支援する会社だ。大学生のころからソーシャルメディアで国内外の新しいWebサービスの動向を毎日発信してきた甲斐優理子氏が3年前、起業した。「マーケティングをスマートに」を理念に、企業が広告効果を高められるよう、質の改善を重視したサービスを展開する。甲斐代表取締役に今後の戦略を聞いた。
                                    (主席研究員 望月 均)
[2019-11-01]

デジタルアド 次代の先駆者

「6秒企画」がスタート
短尺特化の動画広告突き詰め
広告主はブランディングに活用も

 「6秒企画」(東京・渋谷)は今年6月に誕生したばかりのスタートアップ企業だ。短尺に特化したオンライン動画広告の企画・制作の専門会社として、サイバーエージェントが設立した。今、インターネット広告市場をけん引するのは動画広告だが、その中でも“短尺”といわれる短い動画で、簡潔にメッセージを伝える手法が注目を集めている。設立の狙いや今後の戦略を二宮功太社長に聞いた。
                                  (主席研究員 土山誠一郎)

[2019-10-01]

デジタルアド 次代の先駆者

ネイティブ広告のログリー
クッキー使わず利用者属性推定も
動画ネイティブ広告など布石次々

 記事内容と親和性のあるネイティブ広告を配信するプラットフォームを日本で初めて手掛けたログリー。クッキーを使わず利用者属性を推定する新技術も開発した。動画ネイティブ広告の配信開始やデータマーケティング事業への進出など、将来への布石を次々と打つ。吉永浩和社長に今後の戦略を聞いた。
                           (ジャーナリスト/研究員 永家 一孝)

[2019-09-02]

デジタルアド 次代の先駆者

新会社Fringe cooが始動
広告配信でメディア価値を重視
マンガアプリの共同配信始める

 経済のデジタル化の波に乗り、斬新な広告サービスを創造するスタートアップ企業。連載企画「デジタルアド 次代の先駆者」はそんなチャレンジ精神あふれる企業群を取り上げる(不定期掲載)。1回目は、インターネット広告の配信システム開発などを手掛けてきたFringe81(フリンジ81、代表取締役CEO、田中弦氏)。会社分割により、ネット広告事業を7月設立のFringe coo(フリンジ・クー)に引き継がせた。新会社はネット広告の代理店業務だけでなく、メディア企業向けの広告配信プラットフォームの開発、サービス提供に力を入れる。新会社の長沢彬社長に聞いた。
                            (ジャーナリスト/研究員 永家 一孝)

[2019-08-01]

「SDGsと広告」 
 ―広告主編

 国内の大手メーカーやサービス業が、国連サミットが2015年に採択した「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献する活動を消費者や社会にアピールするため、新聞などのプリントメディアやインターネットによる広告コミュニケーションに積極的になってきた。2月号で取り上げた広告会社の取り組みに続いて、広告主による、SDGsについての情報発信の動きを紹介する。
                            (ジャーナリスト/研究員 永家一孝)
[2019-04-01]

「SDGsと広告」 
 ―広告会社編

 国連が定めた「持続可能な開発目標(SDGs)」への国内での取り組みについて、大手広告会社が広告コミュニケーションの支援やアイデアの提案などに力を入れ始めた。電通、博報堂、東急エージェンシーの取り組みを紹介する。
                                  (ジャーナリスト 永家一孝)
[2019-02-01]

<<前の10件 1 2 3 次の10件>>

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2019 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.