出版

出版

新刊

広告主動態調査2021年版
―有力企業の広告宣伝活動と意識―

 日経広告研究所では毎年、広告宣伝活動に熱心な企業を対象とした調査を継続的に実施しています。広告主企業の動向や意識を探る総合的な調査として、各方面から高い評価をいただいています。

今回、「広告主動態調査」とタイトルを変更し、内容も大幅な見直しを加えて実施いたしました。コロナ禍による広告活動の変化のほか、若年層に対する課題意識と広告展開法、メッセージ広告の出稿意向、広告活動の成功要因と考える事柄など、広告宣伝部の大きな関心事となっているテーマについて新たに尋ねました。進展著しいインターネット広告についてもターゲティング広告の課題と利用意向の質問を加え、それらを関連付けて分析。することで、広告活動の構造や要因を見出すことができる構成になっています。調査は2020年11月から21年1月にかけて実施し、256社から回答を得ました。

 環境変化の激しい広告界において有力企業の広告宣伝活動の動向を把握する資料として、皆様のお仕事、ご研究に役立つものと確信しています。是非、この機会にご購入をご検討ください

 

◆2021年3月22日より全国有名書店で販売します。
◆当研究所でも直接販売をいたします(送料別)。
直接販売の場合、当研究所の会員企業・団体の方は、定価の3割引の会員価格(送料別)でお求めになれます。

 

日経広告研究所編
A4判並製 114ページ
定価11,000円(税込み) 送料別
ISBN 978-4-904890-50-9
<主な内容>
◆解説

◆主な質問項目

 ■コロナ禍での広告活動

 ■広告部門の組織、予算

 ■広告メディアの利用意向と予算配分

 ・マス媒体、OOH、イベント、ネットほか

 ■インターネットとマーケティング戦略

 ・強化分野、各SNSの利用状況、透明・健全性対策

 ■若年層に対する意識、広告展開法

 ■広告活動成功の要因                  ほか

◆クロス集計表



ご注文はこちら