出版

出版

既刊

2012 基礎から学べる広告の総合講座
明日の広告ビジネスを考える最先端知識が満載
***会員各社には加入1口につき1冊進呈***

日経広告研究所では今年も『2012 基礎から学べる広告の総合講座』を発行いたしました。
本書は、2013年6月から7月にかけて当研究所が開催した「広告の理論と実際の総合講座」の講義内容を読みやすく分かりやすい形に再録したものです。本講座では広告の基礎理論に始まり、広告業界・メディアの現状分析、広告ビジネスの展望、事例研究に至る18のテーマを開講して、それぞれ第一線でご活躍の研究者、実務家の方々に講師をお願いしました。
そのため、本書の内容は現代における広告実務の必須事項や最新の広告界、学界の動向を一通り網羅しており、広告に携わる人、あるいは広告を学ぶ人々にとって、広告実務への活用や広告研修・学習等のテキストとしてご利用いただけるものと自負しております。
日本経済新聞出版社より発売され、全国主要書店に配本されます。
当研究所でも直接販売を承ります。ご来所いただくか、本サイトの申込ボタン(下記)からお申し込み下さい(送料別)。会員企業・団体の方は、この直接販売の場合は、3割引の\2,450(税別)でご提供しております。



INDEX目次

第1講  これからの広告
(東京経済大 岸 志津江)
第2講  消費者行動と広告
(東京経済大 関澤 英彦)
第3講  主要企業の広告活動はどう変わったか
(日経広告研究所 篠田 真宏)
第4講  ブランドコミュニケーション
(中央大学 田中 洋)
第5講  コーポレートコミュニケーション
―レピュテーション・マネジメントの視点から
(東京富士大学 広瀬 盛一)
第6講  広告計画の基礎知識
―トリプルメディア時代のコミュニケーション戦略
(電通 望月 裕)
第7講  プリントメディア
(日経広告研究所 塚本 聡彦)
第8講  電波メディア
―デジタルオーディエンスが生み出すビジネスチャンス
(博報堂 末澤 淳)
第9講 交通広告の効果とデジタルサイネージ
(JR東日本企画 古川 義夫)
第10講 インターネット
(スケダチ 高広 伯彦)
第11講 広告調査
―広告効果の測定から評価・予測まで
(ビデオリサーチ 新妻 真)
第12講 社会と広告
―消費者の広告・表示への苦情から
((社)日本広告審査機構(JARO) 宍戸 旦)
第13講 戦略PR-その発想と効用
(アサツー ディ・ケイ 原口 政也)
第14講 広告はどこへ向かうのか
―企業戦略と言葉のこれから
(フューチャーテクスト 前田 知己)
第15講 メディアの変化と表現
(電通 澤本 嘉光)
第16講 オリンパスのコーポレートブランド戦略と宣伝展開
(オリンパス 増田 孝)
第17講 宝島社のマーケティング戦略
(宝島社 桜田 圭子)
第18講 資生堂のコミュニケーション
―ブランディングのためのコミュニケーション
(資生堂 石川 浩之)   

日経広告研究所編
2011.12.22発売
A5判 348ページ
価格3,500円(税別)

ご注文はこちら