お知らせ

2021年度広告費の予測と分析(詳細版)を公開しました。

2021-02-15 調査・研究 21年度は5.3%増、ネットとテレビけん引

 日経広告研究所は2021年度の広告費が前年度に比べて5.3%増えるという予測をまとめた。新型コロナウイルスの感染拡大が影響し、20年度の広告費は16.0%減と大幅に落ち込む見通し。パンデミック(世界的大流行)の収束時期は不透明だが、21年度はマクロ景気の好転に伴って企業活動が活発となり、前年度に大きく落ち込んだ広告需要が反動で増加するとみている。媒体別では、インターネット広告とテレビ広告が広告費全体の伸びをけん引する。


 詳細は会員専用ページをご覧ください。