日経広告研究所 NIKKEI ADVERTISING RESEARCH INSTITUTE
HOME > 講座・シンポジウム > 今後の予定

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.300(会員向け会報誌)
今後の予定
日経広告研究所 公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)共催
「広告コミュニケーション最新動向2018」
『広告白書2018年度版』 出版記念シンポジウム

 広告コミュニケーションを取り巻く環境の変化には著しいものがあります。特に日々進化を遂げるデジタル化の推進、国境が見えなくなる程のグローバル化の進展は広告業界ばかりではなく、あらゆる産業に対して多大な影響を与えています。今回のシンポジウムは、日経広告研究所が7月24日に発行した『広告白書2018年度版』を題材に、広告コミュニケーションの最新動向について、6月に開催されたカンヌライオンズなどの事例も交え、国内ばかりではなくグローバルな観点からもご報告させていただきます。今回は昨年来3回目となる公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)と共催で開催致します。是非ともご参加いただければ幸いです。

日 時 2018年8月29日(水) 14:00~17:30
会 場 日本マーケティング協会 アカデミーホール
港区六本木3-5-27六本木YAMADAビル9F
内 容
8月29日(水)
 14:00~14:45 グローバル、デジタル時代のマーケティング・コミュニケーションの挑戦
アクセンチュア 
チーフ・マーケティング・イノベーター 
加治 慶光 氏


 14:45~15:30 マーケティング4.0と戦略PR 
~カンヌライオンズ2018より

ブルーカレント・ジャパン
代表取締役社長
本田 哲也 氏

 15:30~16:15 広告制作者が他領域で活躍できる
これだけの理由 ~「広告思考」 の視点から~

電通
クリエーティブ・ディレクター/コピーライター
梅田 悟司 氏

 16:30~17:30 トークセッション
「コミュニケーションの全体最適を考える」

電通
梅田 悟司 氏
ブルーカレント・ジャパン
本田 哲也 氏

定 員 120名(定員になり次第申込みは締切らせていただきます)
参加費 会員社の方   24.840円
                  (広告白書2018年度版代・消費税含む) 
一般の方      49,680円
                  (広告白書2018年度版代・消費税含む)

※ご記入いただいた個人情報は、本シンポジウムの受講に関する連絡のほか、当研究所からの各種ご案内に利用させていただくことがあります。ご了承ください。
※この個人情報を当研究所が本人の承諾を得ずに第三者に開示することはありません。

※お願い  お申込みになって当日ご欠席の場合も参加料を申し受けます。ご都合の悪い場合は代理の方がご出席下さい。

※プログラム及び、講演者を変更する場合があります。予めご了承ください。
◆申し込み: 申込書に必要事項をご入力のうえ、送信して下さい。
申込後には確認メールが送付されます。

※申込いただいた方には、今後、日経広告研究所から各種のご案内をお送り
   することがありますので、ご了承下さい。
◆問い合わせ: 日経広告研究所事務局
TEL:03-5259-2626 FAX:03-5259-2632
【講師プロフィール】

◆加治 慶光 氏 アクセンチュア チーフ・マーケティング・イノベーター

富士銀行、広告会社を経て、米ノースウェスタン大学のケロッグ経営大学院でMBAを取得。日本コカ・コーラ、タイム・ワーナー、ソニー・ピクチャーズでマーケティングや宣伝に携わる。その後、日産自動車に移り、高級車のマーケティングやGT-Rの市場戦略構築・実施などを担当。2016東京オリンピック・パラリンピック招致委員会に出向した後、日産に帰任し、Nissan LEAF世界導入に参画。2011年より内閣官房官邸国際広報室参事官として震災対応、ソーシャルメディア、2020オリンピック・パラリンピック招致、ダボス会議などを担当した。任期満了に伴い2014年2月にアクセンチュアに移籍し、現職。世界的なスタートアップイベント「SLUSH」が初のアジア版となる「SLUSH ASIA」を2015年に東京で開催した際には、共同CMOを務める。


◆本田 哲也 氏 ブルーカレント・ジャパン 代表取締役社長

戦略PRプランナー。「世界でもっとも影響力のあるPRプロフェッショナル300人」にPRWeek誌によって選出された日本を代表するPR専門家。99年、世界最大規模のPR会社フライシュマン・ヒラードの日本法人に入社。2006年、ブルーカレント・ジャパンを設立し代表に就任。2009年に『戦略PR』(アスキー新書)を上梓し、広告業界にPRブームを巻き起こす。『広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。』(田端信太郎氏との共著、ディスカヴァー刊)などの著作、国内外での講演実績多数。Jリーグマーケティング委員、外務省の男女共同参画アドバイザーなど歴任。2015年の『PRWeek Awards』にて「PR Professional of the Year」を受賞。カンヌライオンズ2017PR部門審査員。カンヌライオンズ2015、2018公式スピーカー


◆梅田 悟司 氏 電通 クリエーティブ・ディレクター/コピーライター

1979年生まれ。大学院在学中にレコード会社を起業後、電通入社。直近の仕事に、ジョージア「世界は誰かの仕事でできている。」のコピーライティングや、TBSテレビ「日曜劇場」コミュニケーション・ディレクターがある。CM総合研究所が選ぶコピーライターランキングトップ10に、2014~2017年と4年連続選出される他、国内外30以上の賞を受ける。著書に25万部を超える『「言葉にできる」は武器になる。』(日本経済新聞出版社)など。横浜市立大学客員研究員、多摩美術大学非常勤講師。

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.