HOME > 講座・シンポジウム > 今後の予定

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.296(会員向け会報誌)
今後の予定
日経広告研究所創立50周年記念シンポジウム                                    公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)共催
『マーケティングとコミュニケーションのネクストトレンド』
~デジタルとブラ ンドの近未来を予想する~
【受講者募集中】

~デジタルとブランドの近未来を予想する~

 日経広告研究所が活動してきた50年間を振り返って、広告・マーケティングに起こった最も大きな変化のひとつは、デジタルテクノロジーがもたらした情報環境の変化と、それによってもたらされた生活者の行動の変化でしょう。またこうしたデジタルテクノロジーは広告とマーケティングのあり方を大きく変化させました。にもかかわらず、デジタルマーケティングの実務に携わる人々の多くは、かつてと同じように、経営者の理解不足を嘆き、他部署との連携に苦しんでいるようです。広告・マーケティングを展開する企業がデジタルマーケティングの専門部署を創り、その部署の人々に任せているだけでは、生活者と企業との間のギャップは埋まるどころが、むしろ開いているようです。

 広告・マーケティングを展開する企業がこのギャップを埋めるためには、次に来る本質的な変化を見極め続けるとともに、変化に対応しやすいように自らの発想や意思決定の仕方を変えること-たとえば、新しい取り組みを奨励・支援する文化や組織構造、ある程度失敗することを前提としたデータに基づくリスク管理や学習、それらの醸成を推進するリーダーシップ-が求められているのではないでしょうか。

 本シンポジウムでは、日経広告研究所と公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)が共催で、マーケティングを俯瞰する研究者とデジタルマーケティングの最前線で活躍する実務家を迎え、デジタルテクノロジーがマーケティングを次にどのように変えるかを描き、それに対応できる広告・マーケティング企業における発想と意思決定の仕方を探ります。

※ご記入いただいた個人情報は、本セミナーの受講に関する連絡のほか、当研究所からの各種ご案内に利用させていただくことがあります。ご了承ください。
※この個人情報を当研究所が本人の承諾を得ずに第三者に開示することはありません。
※プログラムの時間割、講演内容及び、講演者は変更する場合があります。予めご了承ください。

日 時 2017年12月19日(火)
会 場 公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)アカデミーホール
東京都港区六本木3-5-27六本木YAMADAビル9F
TEL   (03)5575-2101
内 容
12月19日(火)
 14:00~14:40 基調講演
「統合ブランド戦略とは」
~デジタル時代のブランディング~

田中 洋氏
中央大学 
大学院戦略経営研究科教授


 14:40~15:20 ゲスト講演
「“個”客が企業を変える~デジタル時代の成長戦略、オムニチャネル構想~」 

石黒 不二代氏
ネットイヤーグループ
代表取締役社長 兼 CEO
石黒 不二代氏

 15:20~16:00 ゲスト講演
「マクドナルドはマーケティングの変革をいかに成し遂げたのか」

足立   光氏
日本マクドナルド 
上席執行役員 
マーケティング本部長   
チーフ・マーケティング・オフィサー

 16:15~17:30 パネルディスカッション
「マーケティングとコミュニケーションのネクストトレンド」

パネリスト
・田中 洋氏
 中央大学 
 大学院戦略経営研究科教授
・石黒 不二代氏
 ネットイヤーグループ
 代表取締役社長 兼 CEO
 石黒 不二代氏 
・足立   光氏
 日本マクドナルド 
 上席執行役員 
 マーケティング本部長   
 チーフ・マーケティング・オフィサー  
モデレーター
・及川 直彦氏
  APT(アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ・インク) 
  シニアバイスプレジデ ント日本代表

 
定 員 120名様 
申し込みが定員になり次第、締め切らせていただきます。
参加費 1名様受講費
日経広告研究所または公益社団法人日本マーケティング協会の会員社 21,600円(消費税含む)
どちらの団体の会員社でもない場合 43,200円(消費税含む)
・申込書が届いた後、案内・請求書をお送りいたします。
・お願い  お申込みになって当日ご欠席の場合も受講費を申し受けます。ご都合の悪い場合は代理の方がご出席下さい。
◆申し込み: 申込書に必要事項をご入力のうえ、送信して下さい。
申込後には確認メールが送付されます。

※申込いただいた方には、今後、日経広告研究所から各種のご案内をお送り
   することがありますので、ご了承下さい。
◆問い合わせ: 日経広告研究所事務局
TEL:03-5259-2626 FAX:03-5259-2632
・講師・モデレータープロフィール
田中 洋氏
中央大学ビジネススクール(大学院戦略経営研究科)教授
1951年生まれ。京都大学博士(経済学)。日本マーケティング学会会長。マーケティング論専攻。電通マーケティングディレクター、法政大学経営学部教授、コロンビア大学研究員などを経て、2008年より現職。社会人のためのビジネススクールでマーケティングの教鞭を執る。『ブランド戦略論』(有斐閣、17年12 月刊行予定)、『ネットビジネス・ケースブック』(共著、17)、『現代広告論』(共著、17)など約20冊の著作がある。日本広告学会賞(3回)、中央大学学術研究奨励賞、日本マーケティング学会ベストペーパー賞、東京広告協会白川忍賞などを受賞。

石黒 不二代氏
ネットイヤーグループ 代表取締役社長 兼 CEO
名古屋大学経済学部卒業。米スタンフォード大学MBA取得。ブラザー工業にて海外向けマーケティング、スワロフスキー・ジャパンにて新規事業担当のマネージャーを務めた後、シリコンバレーでハイテク系コンサルティング会社を設立。YahooやNetscape, Sony, Panasonicなどを顧客とし日米間のアライアンスや技術移転等に従事。1999年にネットイヤーグループのMBOに参画し、2000年より現職。近年は、内閣官房の「高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部」、経済産業省の「産業構造審議会」、内閣府の「選択する未来」委員会や外務省の「日米経済研究会2016」などの公職も務めている。

足立 光氏
日本マクドナルド 上席執行役員 マーケティング本部長 
チーフ・マーケティング・オフィサー
一橋大学商学部卒業。P&Gジャパン、戦略コンサルティングファームを経て、独ヘンケルグループに属するシュワルツコフヘンケルに転身。2005年同社社長に就任。07年から同じヘンケルグループのシュワルツコフ プロフェッショナル事業の日本代表を兼任し、11年からはヘンケルグループのコスメティック事業の北東・東南アジア全体を統括。ワールド執行役員国際本部長を経て、15年より現職。16年「Web人賞」受賞。

及川 直彦氏
APT(アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ・インク) 
シニアバイスプレジデント日本代表
慶応義塾大学文学部卒業。早稲田大学大学院商学研究科修士課程修了。電通、ネットイヤーグループ、マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、電通コンサルティングを創業し、数多くの企業の成長戦略立案、新規事業開発、マーケティング戦略立案、チャネル戦略立案を支援してきた。2013年10月よりAPT(アプライド・プレディクティブ・テクノロジーズ)に参加し、同社のシニアバイスプレジデントとして、米国で活用が進んでいるエビデンス・ベースの予測分析を活用した意思決定の精度の向上と利益改善のアプローチ」を、日本の企業に提供している。16年10月より名古屋商科大学の客員教授としてマーケティング戦略の講義も行っている。

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.