HOME > 会報誌 > 日経広告研究所報

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.302 (会員向け会報誌)
VOL.301(October/November) 目次

広告研究における前提条件と広告概念の整理(上)
―マーケティング・コミュニケーションとの関係に 注目して
松本大吾 2
今TVCMに求められる 「家事表現」に関する考察(下)
―炎上から「共通価値の創造」へ
村田玲子 8
オケージョン認知の概念と 広告効果測定への有用性(下)
―製品カテゴリー別分析による外的妥当性の確認
畠山仁友、武谷慧悟
緒方敦、久保田進彦
14
未来の駅と生活者に関する研究(上)
―生活者は未来の駅にどのような役割や機能を 求めるのか?
田村高志、甲斐美由紀、臼井哲也 20
広告会社の新事業領域実現のための提言
―総合商社との戦略的提携について
湯淺正敏 28
私の研究[244]
「無形資産経営」の考え方を日本企業に啓蒙
小々馬敦 36
連載 広告研究の原理・原則はいかに実務に関係するのか(第10回)
ソーシャルメディアの 広告コミュニケーションとしての急所はどこか
―首都大学東京准教授水越康介氏との対談
水野由多加 38
学生論文 産学連携と研究開発効率の関係についての実証研究
―エレクトロニクス産業の動向を中心にして
慶應義塾大学 関根侑香、横田日菜
朝比奈友里、岩渕芳人
44
ブックレビュー 『ブランディングの科学』
(バイロン・シャープ著)
久保田進彦 50
『なぜ科学はストーリーを必要としているのか』
(ランディ・オルソン著)
髙橋郁夫 51
『リサーチの技法』
(ブース、コロンブ、ウィリアムズ、 ビズアップ、フィッツジェラルド著)
広瀬盛一 52
『ユニクロ対ZARA』
(齊藤孝浩著)
三浦俊彦 53
連載 広告思考」は、もっと世の中の役に立つ(第4回)
広告思考とコンテンツ制作:ソフトへの応用
梅田悟司 54
広告アゴラ
メディアとしての学会
水越 伸 58
研究員ノート
社会貢献をコミュニケーションする意義
村上拓也 60
新客員紹介(第2回) 芳賀康浩、井上一郎 61
研究所だより 62
論文紹介 ARF『Journal of Advertising Research』より
Understanding the Shopping Experience and Its Implications for Malls as Marketing Media
Haiyan HU
Cynthia R. JASPER
80

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.