HOME > 会報誌 > 日経広告研究所報

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.296(会員向け会報誌)
VOL.202(April/May) 目次

コーポレート・コミュニケーション再考 宮原義友 2
アメリカ及びわが国屋外広告の効果測定指標 清水公一 8
ブランド連想データの広告キャンペーン効果分析への応用
――二時点間での連想比較とアソシエーション・ルール分析の活用――
豊田裕貴 13
交通広告におけるリーセンシー効果 大橋正房・梅津充幸 21
ブランド・リンケージ(下)
――アルコール飲料広告再生テストの事例――
今西鉄之助 28
マーケティング思想史の中の広告研究(3) 堀田一善 33
日本における広告研究の系譜(3)
広告倫理についての研究
疋田 聰 38
私の研究(145) ヒト、モノ、メディアを同時に考慮した
STPモデリングに取り組む
井上哲浩 42
2001年度「デジタル広告の実態調査」 藤村修徳 44
学生論文 製品の関与度とクーポン割引率変化による広告効果 東京経済大学
李 景煥
50
ブックレビュー 『図解実務入門 よくわかる広告ビジネス』
(博報堂広告ビジネスプロジェクト編著)
石崎 徹 56
『アテンション・マーケティング』
(ケン・サカリン著)
岸 志津江 57
『ビジョナリー・カンパニー2』
(ジェームズ・C・コリンズ著)
齊藤通貴 58
『インターネット広報戦略』
(ドン・ミドルバーグ著)
杉本徹雄 59
研究論文 市場原理に基づいたIT時代のメディア計画システム 東京大学
阿部 誠
61
公共広告の研究(5)
アメリカACの運営と基本方針
植条則夫 73
研究員ノート 河村信博 81
研究所だより 82

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.