日経広告研究所
HOME
特 集
連載企画
広告キャンペーン
インタビュー
『Admap』から
メディアNOW
日本広告学会活動報告
活動報告
調査研究報告
Information
セミナー・シンポから
米国最新コミュニケーション情報
AD万華鏡
広告会社経営
広告ニューウェーブ
データ&データ
ニュース
ニュース追跡
アーカイブ
2019年

冊子版広研レポートのバックナンバーはこちら

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


 新着情報
特 集
2019カンヌライオンズ特集①

受賞作の特徴は、3つ。
最も目立ったのは、
①「パーパス、パーパス、パーパス」だ。

        (寄稿)多摩美術大学教授 佐藤達郎氏

 国際広告賞「カンヌライオンズ国際クリエイティビティ・フェスティバル」が2019年も6月17日からフランスのカンヌで開かれ、世界各地から広告、マーケティング関係者が大勢詰め掛けた。今年はどんな傾向が際立っていたのか、多摩美術大学の佐藤達郎教授にその模様を現地からリポートしてもらった。特集は3本立てで、1本目は「受賞作の特徴は、3つ。最も目立ったのは、①『パーパス、パーパス、パーパス』だ。

New! [2019-08-01]

特 集
2019カンヌライオンズ特集②

受賞作の特徴、後の2つは
②「エグゼキューションの逆襲」と
③「メディア概念の“大”拡張」。

 カンヌライオンズ特集の2本目は、「受賞作の特徴 後の2つは、②『エグゼキューションの逆襲』と③『メディア概念の“大”拡張』。」フィルム部門とフィルムクラフト部門でグランプリを受賞したニューヨークタイムズ社、ソーシャル&インフルエンサー部門ブランプリをはじめ、多くの賞を獲得したハンバーガーチェーンWendysなどのクリエーティブの特徴に迫る。

New! [2019-08-01]

特 集
2019カンヌライオンズ特集③

大変革2年目の実態は?
そして、“日本人にとってのカンヌライオンズ”
について考えさせられた2019年。

 特集3本目は、「大変革2年目の実態は? そして、“日本人にとってのカンヌライオンズ”について考えさせられた2019年。」。拡張路線をひた走っていたカンヌライオンズは、「部門賞が複雑すぎる」「会期が長すぎる」「費用がかかりすぎる」といった批判を受けて、2018年から大改革に乗り出した。改革は果たしてうまくいっているのか。そして日本の広告関係者に、カンヌライオンズとどう向き合えばいいのか、佐藤教授が助言する。

New! [2019-08-01]

連載企画
デジタルアド 次代の先駆者

新会社Fringe cooが始動
広告配信でメディア価値を重視
マンガアプリの共同配信始める

 経済のデジタル化の波に乗り、斬新な広告サービスを創造するスタートアップ企業。連載企画「デジタルアド 次代の先駆者」はそんなチャレンジ精神あふれる企業群を取り上げる(不定期連載)。1回目は、インターネット広告の配信システム開発などを手掛けてきたFringe81(フリンジ81、代表取締役CEO、田中弦氏)。会社分割により、ネット広告事業を7月設立のFringe coo(フリンジ・クー)に引き継がせた。新会社はネット広告の代理店業務だけでなく、メディア企業向けの広告配信プラットフォームの開発、サービス提供に力を入れる。新会社の長沢彬社長に聞いた。
                            (ジャーナリスト/研究員 永家 一孝)

New! [2019-08-01]

広告キャンペーン
「働き方変革」のオフィス作り実践
 「本社丸ごとショールーム」に関心
   イトーキ、1日に平均約20社が見学

 オフィスシステムの大手、イトーキは2018年10月、東京・日本橋の日本橋髙島屋三井ビルに本社を移転し、同ビル3階分の本社全てをショールームとして公開した。実際に社員が働く環境をオープンにすることで、新しい時代のオフィスの良さを顧客に知ってもらうため。オープンから9カ月たったが、本社を丸ごと公開した「ショールーム」には1日平均約20社が見学に訪れているという。
                                      (研究員 岡崎昌史)

New! [2019-08-01]

『Admap』から
データとマーケティング産業の未来
ポストGDPR時代、e-プライバシー、マーケティング対応

John Mitchison
Director of policy and compliance, DMA

(原題:The future of the data and the marketing industry: The post-GDPR era, ePrivacy and responsible marketing
~『ADMAP』2019年5月号から許諾を得て翻訳・転載~

 GDPR(EUの一般データ保護規則)は、ビジネスに重要な機会を提供しているという点で成功しているといえる。しかし、データやマーケティング業界を取り巻く不確実性が依然として数多く残っている。

New! [2019-08-01]

活動報告
「日経広研プレミアム講座」第2回開催
  広告界で関心を集める多様なテーマを設定

 日経広告研究所は7月、第2回の「日経広研プレミアム講座」を開催した。広告界を取り巻く環境を俯瞰できるように、興味深く、タイムリーで、多様なテーマを選び、第一線で活躍する専門家や業界のリーダーに講師を依頼した。5日間で15の講座を開催した。全15講座は大幅な加筆修正後に編集され、12月に単行本『広告ってすごい!がわかる人気講座vol.2』として発行を予定している。
                                     (事務局長 宮尾雄貴)

New! [2019-08-01]

広告キャンペーン
東京都心へ乗り入れ控え
相鉄が新聞に全面広告
「ローレル賞」の新型車両に注目集まる

 “相鉄”の愛称で親しまれている相模鉄道が、電車車両の前面を大きくあしらった新聞広告を掲載し、注目を集めている。2018年に投入した新型車両が、鉄道愛好者団体「鉄道友の会」が優れた車両に贈る「2019 ローレル賞」を受賞したことを記念して掲載した。11月にはJR線との相互直通運転により東京都心への乗り入れを予定しており、ブランド価値を高める機会になると相鉄は捉えている。
                                 (主席研究員 土山 誠一郎)

[2019-07-01]

特 集
DAN、世界広告費の伸び予測 
19年3.6%増、20年4.1%増
  1月と比べ0.2ずつ引き下げ

 電通イージス・ネットワーク(DAN)は世界59カ国・地域を対象に広告費を予測した。2019年の世界の広告費は前年比3.6%増と10年連続で伸び、過去最高を更新する見通し。ただ、世界経済に不透明感が広がっている上、中国やロシアの広告費の伸びにブレーキがかかり、前回調査した18年1月と比べ0.2下方修正した。20年は4.1%の伸びを見込むが、こちらも前回より0.2引き下げている。
                                   (主席研究員 望月 均)

[2019-06-30]

特 集
「SNS積極利用」、8年連続で上昇
―アド協Web研、ソーシャルメディア調査

 日本アドバタイザーズ協会(JAA)のWeb広告研究会は2018年の「ソーシャルメディア利用実態調査」をまとめ、6月7日に開いたセミナーでその結果を発表した。ソーシャルメディアを週1回以上書き込みで利用している「積極利用者」の割合は57.4%と、調査を始めた10年以降、8年連続で上昇した。また、SNSを上手に使いこなして情報収集する人が増える一方で、積極的にシェアする意識が薄れている実態も明らかになった。
                                    (研究部長 坂井 直樹)

[2019-06-29]


このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2019 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.