日経広告研究所
HOME
特 集
連載企画
ニュース追跡
調査研究報告
ニュース
メディアNOW
広告ニューウェーブ
広告キャンペーン
インタビュー
セミナー・シンポから
日本広告学会活動報告
米国最新コミュニケーション情報
AD万華鏡
『Admap』から
データ&データ
活動報告
Information
アーカイブ

冊子版広研レポートのバックナンバーはこちら

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


 新着情報
広告キャンペーン
東京エレクトロン
継続する意志と工夫が
企業ブランディングを支える

 半導体製造装置の世界的大手、東京エレクトロンは2018年4月から社会貢献活動を新しいブランドネーム「TEL FOR GOOD」と名付けたうえ、国連の「持続可能な開発目標」(SDGs)に沿って、「科学とイノベーション」「人材育成」「環境」「地域支援」を4つの重点分野として取り組むことにした。同時に、青少年の理系離れを防ぐための理科教育支援として12年から取り組んでいる「元素周期表」配布企画も毎年趣向を変えることで、地味ながら長続きしている。
                                      (研究員 岡崎 昌史)
[2018-10-01]

特 集
WPP、リード新体制が発足
  1~6月期はポンド安響き減収に

 広告会社世界最大手の英WPPの最高経営責任者(CEO)に、最高執行責任者(COO)だったマーク・リード氏が就任した。32年にわたってCEOを務めていたマーティン・ソレル氏が2018年4月に突如辞めた後、同社は後任探しを進めていた。インターネット広告が急成長し、メガエージェンシーを取り巻く環境が大きく変わる中、リード新CEOはデジタル広告への転換を急ぐとみられる。
                                    (主席研究員 望月 均)

[2018-09-30]

米国最新コミュニケーション情報
米国最新コミュニケーション情報(73)

AR&VR時代がやってきたぞ!
マーケティングに新手法次々と

     在米広告ジャーナリスト 楓 セビル

 この2、3年、VRとかARという言葉を耳にした人は多いはず。VRとはヴァーチャル・リアリティー(Virtual Reality)、ARとはオーグメンテッド・リアリティー(Augmented Reality)の略である。この2つは、いま、新しいメディアを求めていた広告主たちの間に急速に広がってきている新しいマーケティング・ツールである。

[2018-09-30]

『Admap』から
IT時代における転換戦略

Tom Morton
Leads US strategy practice, R/GA 
Jess Greenwood
Senior vice-president of strategy US, R/GA

(原題:Transformation strategy for the age of technology
~『ADMAP』2018年9月号から許諾を得て翻訳・転載~

 2016年、アメリカ中のクリエーティブ・エージェンシーのプランニング・リーダーたちが集まるリーダーシップ・フォーラムが開催された。テーマは'What's broken in planning?'「プランニングの何がダメなのか?」といったもので、フォーラムも大いに盛り上がった。


[2018-09-30]

特 集
日経イベント・プロ発進
  デジタル技術を駆使、イベント経済圏広げる

 日本経済新聞社がグループの戦略事業に位置づけているイベント事業の中核的な担い手となる新しい会社が10月1日に誕生した。社名は日経イベント・プロ。日経ピーアールのイベント事業本部と日経BPイベント事業局セミナー・イベント運営部を母体とする日経新聞の100%子会社で、今井秀和・前日経ピーアール副社長が新社長に就任した。日経のグループ力と先端のデジタルテクノロジーを生かし、当初総勢90人が力を合わせ、どの事業者よりも顧客満足度の高いサービスを提供していく。

[2018-09-29]

特 集
「2018 AD STARS」特集①
「ハイパーコネクトの時代迎え、
 広告界に新たなパラダイム提示」

寄稿 関西外国語大学准教授 姜 京守(カン・ギョンス)

 今年で11回目となる「釜山国際広告祭」(通称AD STARS)が8月23日~25日の3日間、釜山展示コンベンションセンター(BEXCO)で開かれた。「ハイパーコネクト時代のマーケティングコミュニケーション(Connect!)」をテーマに、広告とコンテンツ、そして消費者生活をつなぐ新たなトレンドを発信する場となった。関西外国語大学の姜京守(カン・ギョンス)准教授に、現地からリポートしてもらった。特集は3本立てで、1本目は「ハイパーコネクト時代のマーケティングコミュニケーション(Connect!)」。

[2018-09-03]

特 集
「2018 AD STARS」特集②
グランプリ・オブ・ザ・イヤーはパラオ誓約と
コカ・コーラ「Share a Coke 1,000 Name Celebration」

 「2018 AD STARS」特集の2本目は、グランプリ・オブ・ザ・イヤーに輝いた2本の広告の優れた点に迫る。今年は公共広告部門の「パラオ誓約」と、商業広告部門のコカ・コーラの「Share a Coke 1,000 Name Celebrationが選ばれた。
[2018-09-03]

特 集
「2018 AD STARS」特集③
日本勢は受賞作品数で2位
「PRIDE JERSEY」が高評価

 「2018 AD STARS」特集の3本目は「日本勢は受賞作数で2位に 『PRIDE JERSEY』が高評価」。今年は受賞作品数でタイに首位の座を奪われた日本だが、デザイン部門やフィルム部門などでは健闘した。

[2018-09-03]

特 集
電通の今期業績は計画通り推移
    4~6月期、世界各地ともプラス成長に

 2017年は春から夏にかけて世界の主要消費財メーカーの広告費抑制に直面したメガーエージェンシーだが、18年はそうした懸念をしなくても済みそうだ。電通の18年12月期の業績は2月時点とほぼ同じ水準で推移しており、唯一変わるのはカカクコム株式の売却益計上により減益率が縮小する純利益くらい。19年12月に残業ほぼゼロを目指す働き方改革も計画通り進んでいる。
                                                                        (主席研究員 望月 均)
[2018-09-02]

連載企画
「クリエーティブエージェンシーの挑戦」⑨

独立系の「ondo」
コンセプトワークから考え
「想い」まで伝えるデザイン

 ondoは企業や商品のブランディングとグラフィックデザインなどを手掛ける。博報堂グループの制作会社で経験を積んだアートディレクター、コピーライターら3人が独立して設立した会社で、今年で5年目を迎えた。クライアントの課題をコンセプトワークから考え、「想い」まで伝えるデザインを心がけている。
                            (ジャーナリスト/研究員 永家一孝)
[2018-09-02]


このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.