HOME > 出版 > 新刊

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.291(会員向け会報誌)
新刊

2017 広告コミュニケーションの総合講座                   理論とケーススタディー
12月21日より全国主要書店で発売 
会員各社には会員特典として加入一口につき1冊を進呈

 本書は、2016年7月に開催した第49回「広告総合講座」を再録したもので(下記目次参照)、広告・マーケティングの最新動向を体系的に網羅した内容となっています。「広告・マーケティング」を取り巻く理論と実践を理解するために欠かせない総合的な解説書として利用できます。 書籍化に際しては、講師の方々に改めて講義録への加筆・修正の労を執っていただき、内容の充実と読みやすさ、わかりやすさに留意しました。広告に携わる方や広告を学ぶ方にとっては、すぐに役立つとともに、研修・学習等のテキストとしてもご活用いただけるものです。また、一般の読者にとっても、広告ビジネスの全体像を理解する上で格好の1冊となるでしょう。  

◆日経広告研究所編 発行:日経広告研究所 発売:日本経済新聞出版社  
 A5判並製 338ページ  定価3,400円(税別) ISBN  978-4-532-64097-2

●日経広告研究所の会員企業・団体各社には、会員特典として加入1口につき本書1冊を進呈いたします。当研究所でも直接販売を承ります(送料別)。会員企業・団体各社が当研究所のホームページよりお買い求めの際には、会員価格(3割引)で提供いたします(送料別)。

※お預かりした個人情報は、申し込みいただいた書籍の発送のほか、当研究所からの講座・セミナー、書籍の案内等以外には利用いたしません。

【目次】
第Ⅰ章 構造変化にどう向き合うか
①構造変化と広告の機能
(岸志津江/東京経済大学 経営学部教授)
②メディア接触状況と広告効果測定ニーズの現状と変化
(吉田正寛/ビデオリサーチ マーケティング事業推進局企画開発部)
③メディアプランニング最前線
(中澤壮吉/博報堂DYメディアパートナーズ データドリブンメディアマーケティングセンター センター長代理兼プラニンググループ部長)

第Ⅱ章 マーケティング新手法の活用
①IOT時代のエクスペリエンス・デザイン
(朝岡崇史/電通デジタル エグゼクティブ・コンサルティング・ディレクター)
②ニューロマーケティングの実用化と成果
(古畑裕之/ニールセン コンシューマー ニューロサイエンス コンサルタント)
③ブランド・アドボケイツ(自発的推奨者)への注目と戦略
(佐藤達郎/多摩美術大学 教授、緒方敦/ジェイアール東日本企画 企画制作本部副本部長)

第Ⅲ章 マスメディアの価値再考
①テレビメディアの現状と課題
(太田正仁/日本テレビ放送網 インターネット事業局インターネット事業部担当部次長)
②新聞メディアの現状とこれからの可能性
(宇賀神貴宏/アサツー ディ・ケイ コミュニケーションチャネルプランニング本部専任局長/チーフR&Dディレクター)
③デジタル環境下でのOOHメディア
(吉田勝広/オリコム OOHメディア局シニアディレクター)

第Ⅳ章 デジタルメディアの可能性と課題
①デジタル・マーケティング・テクノロジーの進展とプライバシー
(宮一良彦/サイバー・コミュニケーションズ メディア・ディビジョン エグゼクティブ・スタッフ)
②ネイティブ広告がもたらす、デジタル広告市場の変革
(長崎亘宏/講談社 第一事業局次長兼ライツ・メディアビジネス局次長)
③ビジネスを加速させる動画マーケティングの活用方法
(鎌田和樹/UUUM 代表取締役CEO)


第Ⅴ章 人を動かす広告
①最も大事な媒体は
(早川徹/三越伊勢丹ホールディングス 執行役員 営業本部マーケティング戦略部長)
②顧客のマインドシェアを上げるコーセーのコミュニケーション
(高橋靖則/コーセー 宣伝部宣伝制作課課長)
③広告って、なんのため?
(佐々木宏/シンガタ クリエイティブディレクター)

第Ⅵ章 ブランドを育てる広告
①伊藤忠商事のコミュニケーション戦略
(髙田知幸/伊藤忠商事 執行役員広報部長)
②今、マーケティングが大きく変わってきている!
(土橋代幸/トヨタマーケティングジャパン 取締役)
③スポーツ広告とブランディング
(神谷幸之助/ナカハタ クリエイティブディレクター・コピーライター)
2017 広告コミュニケーションの総合講座                   理論とケーススタディー

 

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.