HOME > 出版 > 既刊

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.303 (会員向け会報誌)
既刊

広告のすべてがわかる!理論とケース・スタディー
「広告に携わる人の総合講座」(平成19年版)


 『広告に携わる人の総合講座(平成19年版)』が刊行されました。
 本書は、当研究所が昨年夏に開催した「広告の理論と実際の総合講座」の全内容を、講師の方々のご協力を得て一冊にまとめたものです。「理論と実際」の語が示すように、研究と実務をバランス良く視野に入れた構成となっており、若手社員の教育用などに最適のテキスト、と申せます。
  A5判、384ページ。定価3500円+税で全国有力書店にて発売中です。研究所会員社社員の皆様からの直接のお申し込みには3割引が適用されます(但し、送料別)。
 
【 本書の内容紹介 】 
(1)「企業コミュニケーション(経営戦略)と広告」(青山学院大学教授 小林保彦)
(2)「広告計画の基礎知識」(博報堂DYメディアパートナーズ 井徳正吾)
(3)「消費者行動と広告」(慶応義塾大学教授 高橋郁夫)
(4)「メディアプランニング』(電通 チーフ・メディア・プランナー 小林大記)
(5)「放送産業の構造変化と(テレビ)広告ビジネスの展望」(FERMAT代表 池田純一)
(6)「資生堂TSUBAKIのキャンペーン戦略」(資生堂 高津晶/アサツーディ・ケイ 多田俊明)
(7)「米国広告業の変貌」(東京工芸大学専任講師 茂木崇)
(8)「広告調査の基礎知識」(東京富士大学助教授 広瀬盛一)
(9)「実務レベルにおける現代日本雑誌広告論」(集英社 高森茂)
(10)「ファンサイト・ビジネスブログの実際」(三井不動産 末吉一敬)
(11)「広告進化論」(サイバーエージェント 須田伸)
(12)「実践アカウントプランニング」(SONAR代表取締役 岡崎孝太郎)
(13)「プリントメディア」(日経広告研究所 友部孝次)
(14)「広告効果の理論と実際」(法政大学教授 竹内淑恵)
(15)「ブランドマネジメントの構図」(電通 プランニング・ディレクター 馬渡一浩)
(16)「つなぐ」(ワイデン・アンド・ケネディ 米村浩)
(17)「BBHでの広告宣伝制作」(バートル・ボグル・ヘガーティ 金勲)
(18)「日立グループ横断広告“つくろう。”キャンペーン」(日立製作所 安藤圭一)
(19)「ブランドと法律」(弁護士 川越憲治)
(20)「へーベルハウスの広告宣伝活動」(旭ホームズ 竹尾哲哉)
(21)「企業経営とブランドコミュニケーション戦略」(日産自動車 野口恭平)

ISBN  978-4-532-64071-2
広告のすべてがわかる!理論とケース・スタディー<BR>「広告に携わる人の総合講座」(平成19年版)

 

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.