HOME > 出版 > 既刊

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.303 (会員向け会報誌)
既刊

広告のすべてがわかる! 理論とケース・スタディー
平成16年版「広告に携わる人たちの総合講座」


 日本経済新聞社から日経広告研究所編「平成16年版『広告に携わる人の総合講座』」が、発売されました。昨年6月から7月にかけて当研究所が開催した「広告の理論と実際の総合講座」の講師の方々がその講座内容を加筆・訂正し、読み易くまとめたものです。
 広告主企業、広告会社、媒体社など、それぞれの立場での新人教育・研修用テキストとしても最適です。
 A5判、337頁、価格3,500円(税別)で全国有力書店にて発売されます。なお、当研究所会員社の皆様には、直接お申し込み頂くと3割引きが適用されます(送料別途)。
 
[本書の内容と筆者] 

   1講 広告人を考える(小林保彦) 
   2講 広告産業の全体像(村田厚夫) 
   3講 企業経営と広告(亀井昭宏) 
   4講 広告調査の概要と基礎知識(島田喜郎) 
   5講 広告計画の基礎知識(井徳正吾) 
   6講 広告の発想法(タナカノリユキ) 
   7講 消費者行動と広告(恩蔵直人) 
   8講 広告効果測定法(梶山皓) 
   9講 メディアプランニングの理論と実際(春田英明) 
  10講 三菱自動車のブランド戦略(関雅文) 
  11講 広告法規(岡田米蔵) 
  12講 新聞広告の現状と課題(松岡郁子) 
  13講 テレビ広告の新しい可能性(渡辺陽) 
  14講 雑誌広告の実際(倉田和夫) 
  15講 ラジオ・マーケティングの新潮流(小針俊郎) 
  16講 事例研究「”オー人事”の宣伝戦略」(桂晴則) 
  17講 広告会社の面白さと役割(百瀬伸夫) 
  18講 ネット広告の特徴と効果(有馬誠) 
  19講 ブランド構築と広告戦略(小川孔輔) 
  20講 セールスプロモーションの基礎講座(近藤和正) 
  21講 企業広告とビジネス広告の新潮流(嶋村和恵) 
  22講 IBMにおけるIMCの展開(三石周平) 
  23講 ファンケルの広報と広告宣伝について(矢島明)

ISBN  4-532-64056-3
広告のすべてがわかる! 理論とケース・スタディー<BR>平成16年版「広告に携わる人たちの総合講座」

 

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.