HOME > 広研メールマガジン バックナンバー

パートナー/LINK

日経広告研究所は、以下の海外組織と提携を結んでいます。

ARF
WARC


『日経広告研究所報』Vol.302 (会員向け会報誌)
広研メールマガジン バックナンバー
[広研メルマガVol.379]

広研レポートOnline

| 旭硝子、「AGC」に社名変更
 長い時間かけ「物語」紡ぎ出す
   世界のグループ社員が想い共通に

| 博報堂DH、19年3月期は成長減速
   次の中計に向けてデジタル分野を強化

| 電通、VOYAGE GROUPを傘下
  CCIと統合し、連結子会社に
    アドテクを顧客のマーケティングに活用

| 新聞協会とJAAが共催セミナー
デジタル時代の新聞広告を議論

| 効果的なブランド立ち上げ戦略を構築するために

Anton Jerges
CEO and co-founder, Collider

(原題:How to create an effective launch strategy)
~『ADMAP』2018年9月号から許諾を得て翻訳・転載~

| 広研とJMAがシンポジウムを共催
  「マーケティングの本質を
   20歳になったソーシャルメディアから考える」

お知らせ

| 日経広告研究所からのお知らせ   
新規会員ご紹介 
2018-12-03発行


[広研からのお知らせVol.34]

お知らせ

| 参加者募集中 
【会員社限定 参加費無料】 
申し込み先着70名様 
12月6日(木)開催「公開座談会」 
『広告界の2018年の回顧と2019年の展望』開催

| 2018年11月7日発行
『有力企業の広告宣伝費2018年版CD-ROM版』
2018-11-20発行


[広研メルマガVol.378]

広研レポートOnline

| 「クリエーティブエージェンシーの挑戦」⑩

ピラミッドフィルム クアドラ
先進技術を活用、VRなど体験
自主プロジェクトでノウハウ蓄積

| 根付くか クリエーティブエージェンシー
   アイデア競い課題解決、規模拡大がカギ

| ネット専業を相次ぎ傘下へ
   広告大手、デジタルへの傾斜一段と

| 第49回全国大会

地域活性化テーマに活発な議論
    広告学会、名古屋で9年ぶり全国大会

報告者 大会運営委員(大同大学情報学部教授)上岡和弘

| 音声アシスタントはいかにブランド再生を高めるか

Vanessa Evans
SVP for global analytics and insight, Publicis Media
Amy Hunt
VP director for global analytics & insight, Publicis Media

(原題:How voice boosts recall for brands)
~『ADMAP』2018年9月号から許諾を得て翻訳・転載~

お知らせ

| 参加者募集中

2018年11月12日(月)開催 
日経広告研究所 
公益社団法人 日本マーケティング協会 共催

ソーシャルメディア・マーケティング シンポジウム 
マーケティングの本質を二十歳になった 
ソーシャルメディアから考える
2018-11-01発行


[広研メルマガVol.377]

広研レポートOnline

| 東京エレクトロン
継続する意志と工夫が
企業ブランディングを支える

| WPP、リード新体制が発足
  1~6月期はポンド安響き減収に

| 米国最新コミュニケーション情報(73)

AR&VR時代がやってきたぞ!
マーケティングに新手法次々と

     在米広告ジャーナリスト 楓 セビル

| IT時代における転換戦略

Tom Morton
Leads US strategy practice, R/GA 
Jess Greenwood
Senior vice-president of strategy US, R/GA

(原題:Transformation strategy for the age of technology)
~『ADMAP』2018年9月号から許諾を得て翻訳・転載~

| 日経イベント・プロ発進
  デジタル技術を駆使、イベント経済圏広げる

お知らせ

|  『有力企業の広告宣伝費 2018年版』  
2018年9月30日発行
2018-10-02発行


[広研メルマガVol.376]

広研レポートOnline

| 「2018 AD STARS」特集①
「ハイパーコネクトの時代迎え、
 広告界に新たなパラダイム提示」

寄稿 関西外国語大学准教授 姜 京守(カン・ギョンス)

| 「2018 AD STARS」特集②
グランプリ・オブ・ザ・イヤーはパラオ誓約と
コカ・コーラ「Share a Coke 1,000 Name Celebration」

| 「2018 AD STARS」特集③
日本勢は受賞作品数で2位
「PRIDE JERSEY」が高評価

| 電通の今期業績は計画通り推移
    4~6月期、世界各地ともプラス成長に

| 「クリエーティブエージェンシーの挑戦」⑨

独立系の「ondo」
コンセプトワークから考え
「想い」まで伝えるデザイン

| 広告の救世主は「戦略」である

Zaid Al-Zaidy
CEO, Above+Beyond and founding partner, The Beyond Collective

(原題:Strategy, the saviour of advertising)
~『ADMAP』2018年7、8月号から許諾を得て翻訳・転載~

お知らせ

| 日経広告研究所からのお知らせ  
新規会員ご紹介
2018-09-03発行


[広研からのお知らせVol.33]

広研レポートOnline

| 2018年度広告費予測の見直し(詳細版)を会員専用ページに公開しました

お知らせ

| 【受講者募集】  
8月29日(水)開催
日経広告研究所  
公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)共催 
 『広告白書2018年度版』出版記念シンポジウム
「広告コミュニケーション最新動向2018」のご案内
2018-08-07発行


[広研メルマガVol.375]

広研レポートOnline

| 2018カンヌライオンズ特集①
カンヌライオンズが大変化。
目指した「スリム化」は、
達成されたのか?

      (寄稿)多摩美術大学教授 佐藤達郎氏

| 2018カンヌライオンズ特集②
ネットワーキングの場としての
カンヌライオンズと、
新しいプレーヤーの台頭。

| 2018カンヌライオンズ特集③
受賞作の特徴は、
「チェンジ」「軽妙」「極上表現」
の3志向。

| GDPR、広告業界の逆風に
ピュブリシスやフェイスブックの収益直撃

| ソーシャルメディアと長期的視点のブランド構築

Andrew Stephen
Associate Dean of Research 
and  L'Oréal  Professor of Marketing,
 University of Oxford

(原題:How social media builds brands)
~『ADMAP』2018年6月号から許諾を得て翻訳・転載~

| 神社が冊子形式の新聞折り込み
  茨城の大杉神社、由来やご利益など紹介

| 「日経広研プレミアム講座」、初の開催
 広告界の話題のテーマを5日にわたり解説

お知らせ

| 7月24日(火)日経広告研究所編 
『広告白書2018年度版』発行

| 8月29日(水)開催
日経広告研究所  
公益社団法人日本マーケティング協会(JMA)共催 
 『広告白書2018年度版』出版記念シンポジウム
「広告コミュニケーション最新動向2018」のご案内

| 日経広告研究所からのお知らせ  
新規会員ご紹介
2018-08-01発行


[広研メルマガVol.374]

広研レポートOnline

| テレビスポット広告の新指標スタート
  「P+C7」で何が変わるか
     第3回 広告主側の見方

| DAN、世界の広告費予測 
18年はデジタルがテレビ抜く

| 東北の地方創生を支援
  JR東日本企画、課題解決に取り組む

| 「クリエーティブエージェンシーの挑戦」⑧

独立系「MOVE EMOTIONS」
ブランディング動画に注力
企業理念の共感引き出す

| 消費者データはクリエーティブをどう変えるか

Charlie Cottrell
Head of editorial, We Are Social

(原題:How consumer data is shaping creative)
~『ADMAP』2018年5月号から許諾を得て翻訳・転載~

| クリエーティブフォーラム2018

 名古屋の国際賞受賞作品にみる
 『地域を元気にする』広告クリエーティブ

   報告者 大会実行委員長(金城学院大学教授) 
                                                 庫元正博

お知らせ

| 受講者受付中
2018年7月26日(木) 
広研夏季セミナー開催 
「広告業界展望と2018年度下期の広告費予測」

| 日経広告研究所からのお知らせ  
新規会員ご紹介
2018-07-02発行


[広研からのお知らせVol.32]

お知らせ

| 受講者受付中
2018年7月 第1回「日経広研プレミアム講座」開講 
平成30年7月3日(火)、5日(木)、10日(火)、12日(木)、17日(火)
1日1テーマを設定、第一線で活躍する専門家が切れ味鋭く解説する5日間
50年間にわたり実施してきた「広告総合講座」を改編
全講座通しの受講のほか、1日単位の受講もできます。
2018-06-21発行


[広研メルマガVol.373]

広研レポートOnline

| 理事長に花王社長の澤田氏
  日経広告研究所、第51回定時総会開く

| 博報堂DYH、中計目標達成の公算
  今期、のれん償却前利益は610億円に

| テレビスポット広告の新指標スタート
  「P+C7」で何が変わるか
     第2回 テレビ局側の見方

| 2018年の「WAB宣言」
「一人多色時代」への対応説く
  WEB広告研 田中滋子代表幹事に聞く

| 18年版キャンペーンランキング
動画広告の効果的な活用が光る
  WARCアジア拠点のパンク氏に聞く

| デジタル広告はどのくらいの量が適切か?

Matthew Mee: Global chief strategy officer, MediaCom
Nigel Shardlow: Director of planning, Sandtable
James Allen: Senior data scientist, Sandtable

(原題:What is the optimum amount of targeted advertising?)
~『ADMAP』2018年4月号から許諾を得

お知らせ

| 2018年7月 第1回「日経広研プレミアム講座」開講 
平成30年7月3日(火)、5日(木)、10日(火)、12日(木)、
17日(火)
1日1テーマを設定、第一線で活躍する専門家が切れ味鋭く解説する5日間
50年間にわたり実施してきた「広告総合講座」を改編

| 日経広告研究所からのお知らせ  
新規会員ご紹介

| 日経広告研究所からのお知らせ  
新客員ご紹介
2018-06-01発行


<<前の10件 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次の10件>>

このホームページの閲覧には、Internet Explorer 11以上を推奨いたします。
Copyright(C)1999-2007 Nikkei Advertising Research Institute. All Rights Reserved.